企業情報 Company Information

Innovation of the FUDOW

フドーは、さらに限りない社会への貢献と地球環境の改善をめざして、
人と環境の調和に向けた事業を積極的に展開して参ります。

沿革

1935年 2月
東京都豊島区駒込1丁目35番地に田中塗料工業㈱として資本金20万円をもって創立する。
1937年 2月
フェノ-ル樹脂成形材料の製造を開始する。
1939年 4月
本社を東京都大田区西六郷4丁目11番26号に移転する。
1940年 6月
不動化学工業株式会社と改称し、現在の基盤を造る。
1944年 11月
フェノ-ル樹脂積層材料の製造を開始する。
1957年 4月
資本金は2億3,000万円となる。日本瓦斯化学工業株式会社
(現 三菱瓦斯化学株式会社)と業務上の親密な提携に入る。
1961年 10月
東京証券取引所及び大阪証券取引所、市場第2部に上場する。
1962年 3月
ジアリルフタレ-ト樹脂成形材料の製造を開始する。
資本金は3億7,500万円となる。
1969年 10月
岐阜県可児市にフェノール樹脂成形材料製造会社東名化学(株)を設立する。
1970年 4月
平塚工場にて低発泡大型成形プラスチック製品の製造を開始する。
1972年 4月
不飽和ポリエステル樹脂成形材料の製造を開始する。
1976年 4月
機械工業分野の金属代替として、強化フェノ-ル樹脂製品化に成功。
1981年 4月
強化フェノ-ル樹脂製の工作機械(マシニングセンター)部品、および炭素繊維複合フェノ-ル樹脂成形品の販売を開始する。
1987年 12月
(株)不動ケミカルを吸収合併し、大型成形品の開発を強化、拡大する。資本金は5億5,000万円となる。
1989年 12月
関係子会社3社(セントラル化成、太陽産業、不動商事)を吸収合併し、フド-株式会社に商号を変更する。
1991年 6月
増資を行ない、資本金は10億5,846万円となる。
2001年 10月
熱硬化性樹脂成形材料の製造拠点を富士宮新工場に移転する。
2001年 11月
本社を東京都大田区西蒲田7丁目20番5号へ移転する。
2002年 9月
三菱瓦斯化学株式会社よりキシレン樹脂の営業権を譲受ける。
2003年 2月
関係子会社の東名化学(株)を(株)フドーテクノに商号変更し、生産子会社化する。
2003年 4月
株式交換により三菱瓦斯化学株式会社の100%子会社となる。
2005年 4月
太陽産業事業部を太陽産業株式会社として分社、子会社化する。
2007年 3月
(株)ワイ・ケー・エム・を子会社化する。
2008年 10月
マクロボード(株)と合併し、蒲郡工場とする。
2010年 5月
本社を横浜市港北区新横浜に移転する。
2010年 11月
研究技術センター(富士宮工場)へオートクレーブ設備を導入。
2012年 1月
電力スマートメーター用端子受注に向け、(ポリエステル樹脂)製造設備増強。
2012年 4月
古屋貴久代表取締役社長に就任。
2013年 3月
富士宮工場において、太陽光発電設備を導入、売電を開始する。
2013年 4月
蒲郡工場の連続無災害記録が60万時間達成。
2013年 10月
全工場の品質保証室(課)を統括管理する、品質保証部を設ける。
2013年 12月
中華人民共和国天津市に椿本福道起床附件(天津)有限公司(株式会社椿本チェインとの合弁会社)
2014年 12月
㈱YKMに5軸加工機を導入する。
2015年 2月
創立80周年を迎える。
2016年 6月
松本英明代表取締役社長に就任。
2017年 7月
営業本部北関東営業所を群馬県館林市に開設。構造材営業グループ成形品およびCF事業の営業部門が平塚工場に移転する。
2018年 8月
太陽産業株式会社の全ての株式をOCHIホールディングス株式会社に譲渡する。
2018年 10月
椿本福道起床附件(天津)有限公司を解散する。
Page Top